お尻の黒ずみはなぜできる

5月 22 2016 Published by under クイック記事

お尻の黒ずみはなぜできる

肌トラブルは顔だけでなく体のあちこちにできてしまいます。

悩みになるトラブルとしておしりの黒ずみがあります。

普段見せることがないお尻ですが、黒ずみなどトラブルが発生してしまうと気になってしまいます。

特に夏水着になることを考えると、深刻な悩みになることでもあります。

そこで気になるのが、なぜ黒ずみがおしりに発生してしまうのかです。

ではなぜお尻に黒ずみが発生してしまうのでしょうか。

お尻の黒ずみは刺激でできてしまう

お尻にできる黒ずみが色々と原因があるのですが、一番多い原因となるのが刺激です。

肌は、刺激を受けることによって守ろうとします。

守ろうとした時に発生させるのがメラニン色素です。

メラニン色素が多く発生したとしても不要となった場合排出するため本来なら問題になりません。

しかし、排出がうまくできなかったり排出する限界を超えてしまうことによって、メラニン色素が肌の奥に沈着してしまいます。

沈着することで黒く目立つようになりそれが黒ずみと言われています。

お尻は座ったり肌着が擦れたりなどにより刺激を受けてしまいます。

刺激が多ければ多いほど、そして肌の状態が悪ければ悪いほどメラニン色素の排出がうまくできなくなり黒ずみが発生してしまいます。

色素沈着しないためにも、刺激を出来るだけ与えないように工夫していく必要があります。

ホルモンの影響でも黒ずみができてしまう

刺激だけでなくホルモンの影響により黒ずみが発生してしまいます。

女性の方の場合、生理や妊娠によりホルモンバランスの変化が発生してしまいます。

変化することで、肌のターンオーバーが正常にできなくなってしまいます。

それによりメラニン色素の排出がうまくできなくなるため、色素沈着を起こしやすい状態となり黒ずみ発生してしまいます。

また、生理や妊娠だけでなくストレスでもホルモンバランスが乱れてしまい黒ずみが発生してしまいます。

ストレスは精神的に辛くなるだけではなく、体のあちこちに影響を与えてしまいます。

影響が出てしまう代表的なのがホルモンバランスです。

ストレスが過度に溜まることでホルモンバランスが乱れてしまうようになります。

乱れることでターンオーバーが正常にできなくなり黒ずみ発生してしまいます。

どちらにしても、ホルモンは黒ずみと大きく関係していますので、お尻の黒ずみを消すにはターンオーバーが正常にできるようにホルモンバランスを出来るだけ乱れないようにする必要があります。

特にストレスは妊娠や生理とは違い、十分な予防を可能としていますので、ストレスが溜まらないように適度に発散しておきましょう。

Comments are off for this post