健康を維持に血糖値を下げるための具体的な二つの方法

4月 28 2016 Published by under クイック記事

血糖値というのは糖分の過剰の摂取により血中のなかに糖分がたくさん含まれることにより引き起こされるものです。

血糖値を下げるためには血中の糖分濃度を引き落とすことが重要になります。

では血糖値を下げるための具体的な方法について解説していきたいと思います。

炭水化物の摂取を控えること

炭水化物は摂取すると体の中で分解されてブドウ糖という物質が生成されます。

このブドウ糖の過剰摂取つまり炭水化物の過剰摂取が血糖値を上げる原因になり、私達の体に大きな悪影響をおよぼすのです。

ただし勘違いしてほしくないのが、炭水化物は私達が生きていく上で必要な栄養素です。

脳の活動を行う上でブドウ糖は必ず必要となるので、ブドウ糖そのものが悪いわけではありません。

このあたりは皆さんも知っているかと思われます。

しかしブドウ糖というのは一種の麻薬性をもっており、炭水化物を慢性的に摂取していると、体が必要以上に炭水化物を欲しがるのです。

皆さんも一度は経験したことがあるかもしれませんが、チョコレートを食べたいとか、菓子パンやラーメンをたくさん食べたいといった欲求を感じてしまうのは、そういう糖質が及ぼす中毒性に見舞われているのです。

大昔は砂糖が覚せい剤と呼ばれたことがあります。

それだけ糖分というのは脳に中毒性を及ぼし、しらずうちに炭水化物の過剰摂取に繋がるのです。

そうならないためには炭水化物を少しずつ減らしていくしか他なりません。

そこでおすすめするのが、一日3食の中でご飯を抜くというのを1食抜くということです。

これぐらいなら誰しもがやろうと思えば誰にでもできることです。

まずはご飯を1膳抜いてみることから初めて見ましょう。血糖値を下げる飲み物も一緒に取っていくといいでしょう。

ちょっとキツ目の運動を取り入れること

本来ブドウ糖というのは私達の細胞内のミトコンドリアがブドウ糖をエネルギー源にしています。

血糖値上昇は、ブドウ糖の過剰摂取により、ミトコンドリアのブドウ糖のエネルギー消費が追いつかないことも原因ですが、運動不足によるミトコンドリアの減少も原因があります。

しかしミトコンドリアはちょっとキツ目の運動を取り入れることで、ミトコンドリアを増やすことができます。

ちょっとキツ目の運動というと程度差がありますが、例えば朝早く起きてウォーキングをするだけでも、ミトコンドリアを増やすことができます。

ちょっと汗ばむくらいの運動を週2回とりいれるだけでも、血糖値の上昇を抑えることができるので是非試してください。

以上が具体的な血糖値を上昇させない具体的な方法です。

日頃の少しした習慣の変化が私達の健康を維持できるのです。

ぜひ頑張りましょう。

Comments are off for this post